夜尿症について考える②

夜尿症の治療で古くから使われているのが、
三環系抗うつ薬のトリプタノールです。
抗うつ薬がなぜ夜尿症に効果があるのでしょうか?
実はこの薬の副作用に大いに関係しています。
この系統のお薬の副作用に口渇、排尿困難という抗コリン作用と呼ばれる作用があるのです。
だから、この薬は夜尿症に効果があるのです。
別に夜尿症がうつ病に関係しているわけではありません。
副作用を利用しているだけです。
通常ならば、あえて使う必要はないと思います。
他に代替できるものが、たくさん出てきております。
ただし、まれにこの薬を使ったほうがいいかもしれないと思う時もあります。
悩ましい問題です。