気管支喘息

気管支喘息は小児期に始まる小児喘息と、大人になってから始まる成人喘息とでは原因が異なります。おおよそ小児喘息はアレルギー体質が引き金になりますが、成人喘息はタバコなど大気汚染が原因です。
小児喘息は子供の頃は夜中に発作が起きたりして、親御さんが大変ですが、12歳くらいから、「ほぼ治癒期」が来ます。「ほぼ治癒期」は27歳くらいまで続き、その後再びなんらかのきっかけで喘息発作が起きやすくなる場合と起きないまま完治する場合に分かれます。しかし、この「ほぼ治癒期」に入らないままずっと継続する場合があります。これはとても具合が悪い。大きな発作を起こす可能性があるので継続した治療が必要になります。

喘息の治療は吸入ステロイドと言って吸い込むタイプのお薬を使うことが必須です。発作がひどいときには飲むステロイドを使います。以前はキサンチン製剤(テオフィリンなど)を使っていましたが、副作用が多いので慎重に使っています。副作用で1番多いのは吐き気です。飲み薬でもう一つ使うのはロイコトリエン拮抗薬です。ロイコトリエン拮抗薬は副作用が非常に少ないので、初めての患者さんにも安心して使っています。ただ副作用が弱いと言う事は作用も弱いので薬が効き始めるまでに時間がちょっとかかります。大体2週間ぐらいはかかると思います。
同時に貼付薬としてツルブテロールテープを使います。これは以前は吸入したり飲んだりすることによって体に取り入れていたものを皮膚から取り入れることによってゆっくりと長く効果を出現させられるようになりました。ただしこの薬の副作用は脈が速くなることです。薬が速くなって動悸がします。もちろん個人差があります。大人の場合でも効き過ぎる場合は量を半分にしたり4分の1にしたりします。
ステロイドについては副作用副作用を心配される方が多いのですが、喘息の治療には必須です。もちろん飲み薬の場合は副作用の懸念がありますので、2週間以上連続して高用量を使う場合は、薬の減量を慎重に行わなければなりません。吸入ステロイドの副作用で子供さんに影響が及ぶと心配される方もいらっしゃいます。以前にイギリスで調査された結果ではわずかに身長の伸びが不足するということがわかっています。しかし薬を使わずに喘息発作が続くようであればかえって低酸素状態が長く続くので体にとって非常に負担が大きくなりひいては内臓の障害が起きることも考えられます。飲み薬のステロイドを漫然と使うのには反対ですが、吸入ステロイドを使うことに躊躇してはいけません。

現在では妊婦さんの喘息治療においても胎児への薬の副作用よりも低酸素状態の影響の方が悪いと考えられています。

以前ほどは死亡することがなくなった喘息ですけれどもまだまだ治療をしていても難渋することがあります。毎日点滴していてもなかなか呼吸の状態が改善しない時もありますが、必ず良くなりますので諦めずに治療継続していただきたいと思います。