COPD

COPDはかつては肺気腫と呼ばれていました。

気管支という空気の通り道とその末端にある酸素と二酸化炭素の交換をする場所である肺胞がタバコによって破壊されています。
酸素が足りないので、じっとしている時は大丈夫でも少しの坂道を登っただけで息切れがひどくなるようなら要注意です。(以前にタバコを吸っていた人と配偶者などがタバコを吸っていた人の場合です。)
肺機能検査をすればCOPDは診断できます。
明らかに効果のある吸入の薬がありますが、一番効果が高い治療は禁煙です。当院では禁煙治療も行っておりますが、まずは患者さんご本人の「禁煙をがんばろう」という気持ちがないと挫折します。
COPDを放置すると酸素ボンベを携帯しながら生活せざろう得なくなります。そして肺炎などに罹りやすくなり、急性呼吸不全を起こし、最悪の場合、肺炎のような本来治るはずの病気がきっかけで亡くなられる患者さんもいます。
タバコは万病の元。なるべく早く禁煙されることをお勧めします。