· 

タミフル予防投与

タミフルの予防投与について
中外製薬のHPによると、

原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の方々が対象になります。
(1)高齢者(65歳以上)
(2)慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
(3)代謝性疾患患者(糖尿病等)
(4)腎機能障害患者
ただし、この対象者であっても予防投与には保険給付されませんのでご注意ください。

これ以外の方に使用し、万が一副作用が出たら適応外処方となり、一切の補償が受けられなくなります。万が一が起きては申し訳ないので当院では予防投与を基本的にはしておりません。

 

稲毛区 小中台クリニック 

  院長  池田雄次