苦くて苦くてたまらない!

~口の中の苦み~

「口の中が苦いんですけど」


と患者さんに質問されました。



これは一般的には「味覚障害」と言われます。



亜鉛が足りないときによくなりますが、薬の副作用でもしばしば起こり得ます。

~特別な薬、アモバン~

副作用を起こす薬の中でも最もすごいのが、「アモバン」という睡眠薬です。



添付文書(=薬の説明書)の副作用の欄にも「口の中の苦味」と書かれているくらいです。



私も以前何回か飲んだのですが、本当に苦かったです。



苦味から逃れることができません。



寝る前に飲んだら、翌日の昼くらいまで口の中が苦くてたまりませんでした。



最初は何が原因かわからなかったので困惑しましたが、2回目に飲んだときは薬のせいだとはっきりわかりました。



3回目でもうこの薬を飲むのはやめようと思いました。




苦いという人があまりにも多かったのか、この薬の苦味の少ない成分を集めて「ルネスタ」という薬が生まれました。



だいぶ苦味は減ったのですが、それでも「苦い」と言う患者さんが時々います。



味覚異常の副作用を起こす薬はとても多いので、薬を飲む前に確認した方がいいでしょう。



そして、どうしても耐えられない場合は薬を変更することをオススメします。